2016年スタート!

2016年度あけましておめでとうございます!本年もよろしくお願いいたします。
今年はマイナンバーがスタート、消費税のアップが目前と貴社システムも見直しが必要な年となりそうです。弊社も本年度よりNTTフレッツ光回線取扱を開始、またマイナンバー対策としてSAXAのSS3000(UTM統合脅威管理アプライアンス)などのネットワークセキュリティー機器、従来のビジネスホンに不審者の侵入や地震への対応などの能力を付加した新型ビジネスホン「ActysⅢ」などを取扱ラインナップに加えてお客様のお役に立つ提案をさせていただきたいと考えています。特にActysⅢは電話機本体に人感センサーを備え、深夜の事務所や休日の事務所をあなたに代わって警戒します。遠隔操作可能な防犯カメラと併用すれば、より低コストでより有効なセキュリティー対策が構築できます。
まずはご相談ください。
*セキュリティー機器はハードの導入よりも運用方法の確立が重要となります、事前によくご相談させていただいた上で提案させていただきます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

「.vvv」ウィルスと呼ばれるPCウィルスが出回っています。
これはPC内のフィルの拡張子を.vvvと書換えて暗号化し使用不能にしてしまうものです。感染したら現在のところ復元できません。さらに、感染減としてはサイトのバーナー広告を見ただけでま感染します。対策としては
①直ぐに大切なデーターをバックアップとること
②ウィルス対策ソフトを最新のバージョンにする
③業務用のPCで必要の無いネット検索をしない

PS国内の既知のサイトでも乗っ取られている場合がありますから注意が必要です。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/mikamiyoh/20151206-00052167/


このエントリーをはてなブックマークに追加

弥生給与

yayoikyuyo

弥生給与16はマイナンバー対応となりマイナンバー登録が可能となりセキュリティーが強化されています。バージョンアップのご相談は弊社に!


このエントリーをはてなブックマークに追加

日本仲人協会 山口さんのペ-ジは
こちらhttp://cherie-c.jimdo.com/


このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年(平成28年)1月から税務署や年金事務所などに提出する社会保障や税に関する届出書に従業員のマイナンバー(個人番号)を記載して提出しなければいけません。
給与所得の源泉徴収票や給与所得者の扶養控除等(異動)申告書、給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書 などが対象になりますのでほとんどの企業が対象となります。
このマイナンバー(個人番号)をうっかり漏えいすると、「6か月以下の懲役 または50万円以下の罰金」 から「4年以下の懲役 または200万円以下の罰金 」まで、番号法では、個人情報保護法よりも罰則の種類が多く、法定刑も重くなっています。
そのため様々なセキュリティ商品が紹介されていますが、従業員数が少ない企業に過剰な投資は不要です。まずは関連の業務や情報を見直し個人情報保護の意識を持つ事が大切です。マインバーをはじめとする個人情報を記載した書類やデーターは鍵付保管庫に収納する。PCにはウィルスソフトをインストールしデーターにはパスワードを付ける。廃棄の際にはシュレッダーをかける。個人情報保護法の対策となんら変わりません。
「UTM」という耳慣れない商品が電話業者(NTTの代理店など)により紹介されますが、このUTMはUnified Threat Management「統合脅威管理」というコンピューターウィルスやハッキングから統合的に自社のネットワークやPCを守る手法で社内ネットワークと外部インターネットを結ぶ間ゲートウェイ1台でアンチウィルス、不正アクセスを防ぐものです。しかし、販売や提案する業者のスキルが少ないとただの箱に成ってしまう事が多く専任管理者のいない会社では無駄な投資になることが多いように感じます。
ましてや、PCが5台以下の企業個人では既存のルーター設定の確認とアンチウィルスソフトの導入で全く必要ないと思います。また、既存のシステムに支障が出る場合もありますので、必ずシステム管理者へ相談の上、導入を進めましょう、まずは社内の情報管理の意識を高めることが大切です。


このエントリーをはてなブックマークに追加