パソコンの購入に関して、「中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入制度」があります。30万以下であれば全額損金で算入することができます。決算月、何を購入するか検討中ならぜひご利用ください。ただ26年3月31日以降に始まる決算期ではどうなのでしょう?詳しくは税理士か税務署にお尋ねください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

平成26年1月20日から平成28年3月末日まで生産性向上設備投資促進税制が導入されています。価格が160万以上の機械や120万以上の機器備品が即時償却又は最大5%の税額控除が適用出来る税制措置です。たとえば、新聞販売店の折込機やデジタル複合機、サーバーなどが対象となります。今期決算で利益が見込める会社はぜひご検討ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

シートカッターEX801
ページプリンタ、レーザープリンタ等で出力したシート(領収書、納品書等)をきれいに素早く大量にカットすることができます。ミシン目での複雑な切り離し作業から解放され、作業効率が大幅にアップします。

デュプロ製シートカッターはA3用紙まで対応できミシン目を入れたりかなりの高機能です。フェニックス社製のカッターはA4専用ですが低価格です。弊社ではカッター専用の横ミシン無しの領収書も用意しています。


シートリーダーAX2
バーコード、二次元コードの入った領収書・帳票を一括で読取る機器です。大量・高速での読み取り処理が可能です。
システムと連動させることで入金データなどの集計が容易にできます。システム(PC)側と本体の設定が必要となります 従来機と違い伝表の横通しが可能


このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月9日に Windows XP のサポートが終了しました。
弊社もXPパソコンの買換え注文を何台かいただきましたが、ほんとにXPのPCは使えないのでしょうか?
実際はセキュリティー上の問題を除けばハードが壊れるまでは動かすことは可能です。
しかし、ネットにつないだりUSBディスクなどでデーターの他者とやり取りをする場合はかなりの危険が伴います。XP対応のウィルス対策ソフトを使用してもXP(OS)自体のセキュリティーホールからの攻撃は防げませんから、そこから対策ソフトを無効化されPCが起動できなくなったり、データーを消されたりする可能性があります。また、一番怖いのは自身のXPのPCを踏み台にされて他PCへの攻撃の足がかりにされる事です。特に事業用PCの場合は賠償責任問題になる可能性もあります。
 ウィルスバスターのトレンドマイクロのQ&Aにはこのように回答しています。→トレンドマイクロのQ&A

またウィルスなどのセキュリティーの問題以外にもマイクロソフトなど各社のアップデートが打ち切られていますから、更新を自動に設定していると起動がソフトやデーターを探すために非常に遅くなったり動かなくなります。

どうしてもXPを使用する場合
業務用のソフトウエアなどがXPにしか対応していない場合の使用方法
1.スタンドアロンで使用
ネットワークから切離しスタンドアローンで作業し、他のPCやネットワークのPCとデーターの受渡しをしなければ問題はありません。
2.ネットに接続の場合
マイクロソフトアップデートやWINDOWSUPDATEなどの設定を無効にする。
何らかのXP対応のウィルス対策ソフトを使用する。ルーターやセキュリティ用の機器を利用し直接PCとネットを接続するのはやめましょう。
ブラウザソフトをIEからGoogle Chromeなどに変更しセキュリティーのリスクを少しでも減らす。また、メールもテキストベースで送受信しHTML文のメールは使用をやめましょう。
そして、なるべく早くOSをWindwos7や8への移行するか、MACや他のOSのPCに変更しましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

DMハガキや案内封筒、宅配の送状に印字された住所などの個人情報をスタンプインキで見えなくします。レーターオープナーも付いてきれいに開封でき、シュレッダーなどより手軽に廃棄できます。MAXコロコロケシコロwithレターオープナー @\750~
ついつい封書を破ってしまう方、ゴミ出しの時、自社の宛名が気になる方、お客様宛の伝票の宛名を消したい時、意外と便利でスマートです、しかも、省エネ。
MAX個人情報保護用スタンプラインナップ
注文はお問合せからでもお伺いした時にでもご用命ください。
アスクル、でも扱っています。









このエントリーをはてなブックマークに追加